がっこうぐらし! 漫画 第34話
『いもうと』
について、
あらすじとネタバレを
感想を交えて紹介して、
伏線を考察してみます!


⇒無料で「がっこうぐらし!」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!





がっこうぐらし! 漫画 第34話 あらすじとネタバレ

元気のある3人に比べて
悠里(りーさん)は憔悴している。


荒廃した街が
パンデミック前の正常な
状態であるかのような
幻覚をみるまでになる。


由紀(ゆき)のことを
思わず妹の名前で呼び、
由紀(ゆき)のポカンとした顔を見て
我に返る悠里(りーさん)。


学校が焼けてしまったのにも関わらず
『早く学校に帰りたい』
とこぼして、
胡桃(くるみ)と美紀(みーくん)も
心配する。


由紀(ゆき)も
憔悴しきった悠里(りーさん)のことが
心配になる。


悠里(りーさん)は、
妹がいることを打ち明ける。


しかし
それを今まで忘れていたという。


悠里(りーさん)は由紀(ゆき)のことを
悠里(りーさん)の妹“るーちゃん”の
代わりにすることで、
妹が現在どのような
状態になっているかを
考えないようにしていたと告白する。


悠里(りーさん)は
お姉ちゃんなのに
自分だけ助かってずるいと
自らを責める。


そんな悠里(りーさん)を
由紀(ゆき)は
『頑張った』
と励まして
るーちゃんのことを
もっと教えてほしいと言う。


胡桃(くるみ)と美紀(みーくん)は
車の中で地図を広げて
近くに小学校があることに気づく。


胡桃(くるみ)が偵察に行こうとするが
茂みから子供のゾンビが現れる。


ゾンビの首には
スケッチブックが取り付けられており
そこには子供の字で
学校に避難していて助けてほしい
という内容が書かれていた。


ゾンビを利用してSOSを発信する
やり方に感心する胡桃(くるみ)。


胡桃(くるみ)は子供のゾンビを
速やかに始末して、
その様子を悠里(りーさん)は
車から見ていた。


⇒無料で「がっこうぐらし!」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


がっこうぐらし! 漫画 第34話 感想、伏線を考察

悠里(りーさん)がいい感じで
病んできましたね。


あんな感じの女性がいたら
守ってあげたいですよね。


悠里(りーさん)は
青ざめた表情と泣きボクロが
すごくよく似合います。


由紀(ゆき)が少しずつですが
たくましく成長したせいで
妹に重ねるのに無理が
出てきたようですね。


そのせいで
忘れていた妹を思い出して
罪悪感に苛まれているようです。


子供ゾンビが一見
胡桃(くるみ)に襲いかかったように
見えますが、
おそらくは悠里(りーさん)に対して
襲いかかったものと思います。


胡桃(くるみ)も子供のゾンビを
始末するのは躊躇したみたいですね。


ゾンビ始末の瞬間を目撃した
悠里(りーさん)が何を言い出すのか
必見ですね。


⇒無料で「がっこうぐらし!」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


無料で「がっこうぐらし!」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「がっこうぐらし!」を読めてしまいます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「がっこうぐらし!」一冊分は無料です。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTはこちら♪