がっこうぐらし! 漫画 第47話
『ほうしん』
について、
あらすじとネタバレを
感想を交えて紹介して、
伏線を考察してみます!


⇒無料で「がっこうぐらし!」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!





がっこうぐらし! 漫画 第47話 あらすじとネタバレ

武闘派のリーダー格の男は
パンデミック直前と直後のことを
思い出していた。


生き残った学生を指揮して
『俺は選ばれたのだ』
と選民意識に浸っている。


とらえたリセを閉じ込めている
部屋に行き、
由紀(ゆき)たち学園生活部を
受け入れたことを問い詰める。


リセは人を受け入れる
事で現状打破の可能性について
男に説くが、
リソースに限りのある状況でのみ
有効であると男はこたえる。




尋問を終えて男が部屋を出ると
リーダー格の女“アヤカ”がいた。


男はアヤカにリセは
何も知らないことを告げる。


男は大柄の男“タカシゲ”が
戻り次第、
行動すると言う。



タカシゲと思われる男は
前回、胡桃(くるみ)によって
始末されている。





アヤカはパンデミック前の
大学を思い出す。


アヤカは周りから浮いていて
大学が嫌いだったっが、
パンデミックの際に
ゾンビを倒しながら
生き残ったことにより
“自由”と“素晴らしさ”
を世界に見出す。


アヤカは感染していない人間も
手にかけていた。


アヤカは現在の世界を
『素晴らしい』
と認識して
それを理解できない
穏健派を疎んじていた。


アヤカもまた
“自分は選ばれた人間”
と認識していた。





比嘉子(ヒカ)は自室で
オルゴールの修理をしていた。


ゾンビを倒すことができずに
武闘派から追い出されて
『私は選ばれなかった
 不要だった』
と当時の心情を思い出す。


直したオルゴールをもって
廊下を歩いていると、
背後からシノウが
アイスピックを首元に突き立てる。


比嘉子(ヒカ)も
武闘派に囚われてしまう。



⇒無料で「がっこうぐらし!」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


がっこうぐらし! 漫画 第47話 感想、伏線を考察

今回は意外と穏やかな展開でしたね。


前回は胡桃(くるみ)が
ゾンビを誘導してタカシゲを
始末するという意外な展開でした。


武闘派はこの感じだと
穏健派を一人ひとり事情聴取する
流れのようです。


この流れで言っても
おそらくは感染経路は
辿れないとは思いますが…


武闘派の眼鏡の男がゾンビ化
したのはおそらくは
シノウからだと思われます。


てゆーかそれ以外に
接触している人間はいないはずなので
ほぼ間違いないですよね。


シノウが胡桃(くるみ)と違い
平気な理由は不明ですが…


このまま一人ずつ尋問しても
あまり動きの少ない展開で
ワクワク感がないので、
次回は大きな動きがあることを
期待したいですね!



⇒無料で「がっこうぐらし!」を読む方法はこちら♪
※試し読みと違い1冊丸ごと読めます!


無料で「がっこうぐらし!」を読む裏ワザ!


「試し読みのことでしょ?」
と思うかもしれませんが
実はU-NEXTなら無料
「がっこうぐらし!」を読めてしまいます。


U-NEXT
アニメ・ドラマ・映画で有名ですが漫画も沢山扱っています。


今なら特典で
600円分のポイントが貰えるため
「がっこうぐらし!」一冊分は無料です。


ポイント消費0完全無料
1冊まるごと読める漫画も豊富に揃っています!


31日間無料トライアル実施中で
無料トライアル期間に解約した場合は月額料金はかかりません。


600円分のポイントプレゼントと
無料トライアル期間のサービスは
いつ終わってしまうのかはわかりません。


スマホから簡単にできるので
この機会に無料登録を試してみるのをおすすめします!

⇒U-NEXTはこちら♪